中古車専門店の比較

どちらがお得に購入できる?ガリバーとアップルを比較

更新日:

中古車の購入を考えたとき、多くの懸念材料を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

たとえば、

適正価格ではない車を購入してしまったら

希望通りの条件の中古車がなかったら

など様々なデメリットを想像してしまいがちです。

たしかに中古車というものは、新車と比較しても潜在的なリスクは高いといえます。

新車ならば車体の状態はベストであり、そこから乗り続けていて不具合が出ても手厚い保証でカバーできることがメリットです。もちろん、その分は価格に反映されているため高額な費用が発生してしまいます。

一方で、中古車の場合は購入した段階で車体の状態がベストとは限りません。

なぜなら、

  • 前オーナーがどのような乗り方をしていたかわからない
  • 判明していない修復歴などがあるかもしれない

などが考えられるからです。また、納車後に発生したトラブルについても、一般的には保証の範囲は限られているため、修理費用が高くつくということもあります。

しかし、新車と比較しても半額以下で購入できることもあるため、コストパフォーマンスを考えたときに中古車を選択するというのは賢い選択ともいえます。

では、どのようにして中古車を買うことが一番お得なのでしょうか?

一つは、価格だけに左右されずに購入するということです。とくに、価格以外にもコンディションや保証までしっかりと検討する必要があります

そのためには信頼のおける中古車販売店を選ぶということも大切となっており、多くの人が利用している「ガリバー」や「アップル」などは大手企業のため信頼がおけます。

では、ガリバーとアップルでは、どちらの方が中古車をお得に購入できるのでしょうか?

今回は、基本的なシステムの違いや販売価格、購入後の保証について比べて紹介していきたいと思います。

ガリバーとアップルを比較!規模の大きさは?

「ガリバー」と「アップル」を比較するときに、まず異なるのが企業としての大きさです。

ガリバーとアップルの二社は創業年数に大きな違いはありませんが、展開している店舗数に大きな差があります。

ガリバーは、全国に約550店舗を展開しています。一方で、アップルは全国に約240店舗を展開しているため、その差は約2倍になります。

もちろん、両社ともに主要な都市を中心に日本全国をカバーしているため、利用するのに困ることはありません。しかし、店舗数が多ければ中古車の売買数も増加するため、ガリバーの方が取引き実績では上回っているようです。

ただし、店舗数が多ければ良いというものでもないため、具体的な内容をみていきます。

応対品質はどう?

中古車購入を検討した段階で、店舗へと足を運ぶと思います。

その際の応対品質が低い場合は、いくら価格が安くても利用したいとは思いません。そこで、意外と重要視しなければならない応対品質を比較してみましょう。

アップルでは応対も丁寧

という評判が、インターネット上にも多く寄せられています。

とくに、アップルはCMなどでも宣伝していることから女性の利用者も多いため、接客態度や応対品質についてはしっかりとしているようです。

また、しつこくフレンドリーな接客というよりは、しつこくないくらいに気を使った接客という印象です。そのため、応対で利用したくないとなることは少ないと思います。

一方で、ガリバーの応対品質も低くありません。とくに、アップルとの違いはユーザーに対して専任の担当者が付いて応対してくれるという点です。

二度目に訪れた際でも、同じスタッフが応対してくれるなど情報を把握していてくれるため利便性が高いといえます。

関連記事:
ガリバーはクレーム対応が良いって本当?中古車売買について調べた

商談中の対応も異なる

ガリバーとアップルでは、商談中の対応にも特徴がでてきます。

アップルの商談で特徴的なことといえば、ユーザーに対して誠実な応対をしてくれるという点です。

もちろん、誠実な対応というのは当たり前のことなのですが、中古車の売買においてはユーザーに対して100%誠実な業者を見つけるのは難しいです。

とくに、商談では価格についても決定しなければならず、悪質な業者の場合は高く売ることを優先し、ユーザーの利益を鑑みない応対をしてしまうケースも散見されます。

アップルでは独自のポリシーに基づき、価格の値下げ交渉などでも他店のように落としどころを探るというよりは、最初から下げられる限界の価格を提示する方法をとることが多いようです。

つまり、最初からユーザーの利益を考えた誠実な対応で、商談にも臨んでくれるということです。

一方で、ガリバーでも誠実な応対を心掛けており、商談の際には必ず十分なヒアリングを行うことを大切にしています

中古車の購入で多いのが、当初の希望と異なった中古車を購入してしまうことや、本当のニーズと合っていない中古車を購入してしまうといったケースです。

これらのミスマッチをなくすためにも、ガリバーでは商談の際に十分なヒアリングを行ったうえで購入へと話を進めるのです。

関連記事:
ガリバー中古車の評判は大丈夫?5つの安心と取り組み

ガリバーとアップルで購入金額にも違いはある?

ガリバーとアップルを徹底比較

どちらも同じ規模で、誠実な応対をしていることを確認してきました。

そのうえで、どちらの方がお得に中古車を購入することができるのでしょうか。

実は、商談の際に最終的に提示される価格において、アップルとガリバーでは多少の違いがでてきます。

車両本体の価格差は少ないのですが、もっとも差がついてくるのが諸経費についでです。

とくに、ガリバーの方がアップルと比較しても諸経費が高いため、単純に金額だけで購入するならアップルの方がお得といえます。

しかし、その諸経費には保証代金も含まれており、アフターケアのことを考慮すると決してガリバーが高いとはいいきれないのです。

関連記事:
ガリバーで購入した時のトラブルをご紹介!この中古車は大丈夫?

保証の内容にも注意

ガリバーの特徴として、国産車で最長10年間・輸入車で最長5年間の長期保証を付与しているところが挙げられます。

一方で、アップルは最長3年間という期間設定がされているため、長さだけではガリバーのほうが良いといえます。

ガリバーの長期保証では、多くのパーツが保険の適用範囲となっているだけでなく、社外品のナビまで及んでいるため利便性が高いといえます

また、アップルでも保険の対象は広くなっているため決して利便性が低いとはいえませんが、ガリバーと比較してしまうと多少の差があるといえます。

しかし、この手厚い保証を諸経費として計上しているため、どうしてもガリバーの方が販売価格が高くなってしまいます

その分、保証という形でアフターフォローをしてもらえると考えたとき、決して高いとはいえず、むしろ安心という点について心配なユーザーにとっては修理費を考えると得といえます。

ただし、どちらの保証にも一長一短あるため、条件や料金を見直したうえで加入することをオススメします。

ガリバーとアップルを比較!まとめ

今回は、ガリバーとアップルではどちらが高く売れるのか?ということを中心にして、紹介してきました。

展開規模や商談などでも相違があり、アフターフォローサービスについても期間や価格で異なるという結果になりました。

そのうえで、長期間の保証をがついていることから、「ガリバー」という選択肢はお得に買うことができるといえます。

ただし、アップルにも良い点が多くあるので、十分に比較検討をして利用する業者を決定することをオススメします。

ぜひ、みなさんが今回の情報を参考にして、新たな中古車の購入に役立ててもらえたなら幸いです。

-中古車専門店の比較

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.