ガリバーの評判

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」ってなに?メリットを紹介

更新日:

個人間カーシェアリングサービスといえば、

  • 「Anyca(エニカ)」
  • 「dカーシェアリング」

などが有名です。

とくに個人間カーシェアリングサービスの人気に火がついてからは、多くの企業が参入している状況が続いており、現在でもサービスを提供している企業は増えていっています。

そんな個人間カーシェアリングサービスに参入を表明したのが、中古車売買の大手として知られるガリバーでした。

ガリバーは2019年4月より「GO2GO(ゴーツーゴー)」という名前の個人間カーシェアリングサービスの提供を発表しています。

とくに、これまでガリバーではカーシェアリングサービスを提供していたこともないために、多くの注目が集まっています。

ただし、アプリのローンチ自体は2019年2月頃に行われる予定なので、間違わないように気をつけてください。

今回は、そんな「GO2GO(ゴーツーゴー)」の特徴やメリットを詳しく解説していきたいと思います。

ガリバーの「GO2GO(ゴーツーゴー)」ってどんなサービス?

 

ガリバーの「GO2GO(ゴーツーゴー)」ってどんなサービス?

ガリバーが2019年4月より提供する新サービスとして注目を浴びているのが、「GO2GO(ゴーツーゴー)」です。

この「GO2GO(ゴーツーゴー)」はいわゆる個人間カーシェアリングサービスと呼ばれるもので、昨今では非常に人気の高いサービスの1種です。

たとえば、普段の生活では車が必要ないと感じている人は多くいらっしゃいます。

ただし、そう思っている人でも休みの日や祝日は車にのってどこかへ行きたいと考えたりしている人が多いのも事実です。

そのため

普段の生活では車は必要ないけれど、特別なシーンでは車を借りたい

というニーズに向けたものが個人間カーシェアリングサービスと呼ばれているものです。

とくに通常のレンタカーの場合ですと、借りることのできる時間や車種が非常に限られていますよね。

しかし、個人間カーシェアリングサービスでは個人が所有している高級車やビンテージカーなどの珍しい車種も揃っており、借りる時間帯も個別に相談することができるのが特徴です。

とくにガリバーは「GO2GO(ゴーツーゴー)」において「近所のクルマを安心、簡単、遠慮なく使える」をモットーにしており、従来の個人間カーシェアリングサービスよりも安全なものにしようという心意気が表れているサービスになっています。

事実、ガリバーは「GO2GO(ゴーツーゴー)」において多くのメリットとなるサービスを提供するとしています。

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリット

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリットを紹介

ガリバーが発表した新サービス「GO2GO(ゴーツーゴー)」は従来の個人間カーシェアリングサービスと比べて、多くの差別化を図っています

365日無休のカスタマーサポート体制

個人間カーシェアリングサービスで最も困るのがトラブルに遭遇することです。

1番多いトラブルと言われているのが、車を貸したり返却したりする際に大幅に遅れたり、ドタキャンをされるケースというものが多く報告されています。

とくに個人間での取引きということで、貸し借りするための時間を自由に設定できるところも魅力の1つとなっています。

しかし、厳しい罰則などがないためか大幅な遅刻やドタキャンなどを行う人も多くいるようです。

これらのトラブルに対してガリバーは365日無休のカスタマーサポート体制をとると明言しています。

このカスタマーサポートを設けるという姿勢は、ガリバーが中古車販売において苦情相談窓口を設けていることと共通しています。

とくに、ガリバーの社員教育は徹底していることからトラブルの解決には定評がありました。

そのため、今回の「GO2GO(ゴーツーゴー)」においてもカスタマーサポートは非常に頼もしいものになるといえます。

また、同時にガリバーの実店舗の方でもカスタマーサポートのように対応してもらうことが可能になっています。

貨物車やキャンピングカーも借りられる

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリット

さらに「GO2GO(ゴーツーゴー)」で大きなメリットといえるのは、貨物車やキャンピングカーを貸出すことができるようになったことです。

前述したように、個人間カーシェアリングサービスの需要として特別な日やシーンに借りたいというものが多いです。

しかし、他社の個人間カーシェアリングサービスでは貨物車やキャンピングカーを保証の対象内とせず貸出す人もいませんでした。

そのような状況下で、ガリバーは「GO2GO(ゴーツーゴー)」において貨物車やキャンピングカーも保証の対象内とすることを明言しています。

つまり、従来では個人間カーシェアリングサービスとして借りることが難しかったキャンピングカーや貨物車を借りることができるようになったおかげで、さらに多くの人が利用することも考えられますし、なにより利便性が高くメリットといえるのではないでしょうか。

スマートフォン上で決済が完結する

また、「GO2GO(ゴーツーゴー)」では決済においても新たな取り組みに挑んでいます。

これまでの個人間カーシェアリングサービスでは利用した際は、クレジットカードなどで支払いを済ませることも多いと思います。

そこで、ガリバーは「GO2GO(ゴーツーゴー)」においては決済もスマートフォン上で完結する仕組みをとっています。

これにより、車を貸し出す側にとってはリスクを背負わなくてよいため、より安心して個人間カーシェアリングサービスを利用することができます。

いつから「GO2GO(ゴーツーゴー)」はスタートするの?

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリットは?

ここまで「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリットを確認してきました。

多くのメリットがありましたが、実際にはどのような流れで利用できるようになるのでしょうか?

ガリバーは2019年4月にサービスを提供開始すると明言していますが、アプリの配布自体は2019年2月に予定されています。

これは、サービスが本格的に指導する4月までに車を貸し出してくれるオーナーを集めたいからです。

また、対応可能エリアも

  • 東京
  • 大阪
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

の5都府県となっています。恐らく、対応可能エリアに関しては順次拡大していく見込みですが、具体的なエリアに関しては後日ガリバー側からアナウンスがあるとしています。

まとめ

ガリバー「GO2GO(ゴーツーゴー)」のメリットを解説

今回はガリバーによる「GO2GO(ゴーツーゴー)」という名前の新サービスについて解説してきました

「GO2GO(ゴーツーゴー)」とは個人間カーシェアリングサービスのことで、ガリバーは2019年4月ごろのサービス開始を目指しています。

従来の個人間カーシェアリングサービスとは異なり、より気軽に安心感のあるサービスを目標として掲げています。

その取り組みとして、365日無休のカスタマーサポート体制が備わっていたり、1日保証への強制的な加入などがあります。

もちろん、ガリバー側がアナウンスをしている段階なので、具体的なローンチは行われていませんが、これから順次サービス対応地域も増やしていく予定です。

今回はメリットとなる特徴や基本情報を解説してきました。みなさんも今回の解説を参考にして利用を検討してみてはいかがでしょうか。

-ガリバーの評判

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.