ガリバーの評判

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

更新日:

中古車の売買において、気を付けなければならないことは沢山あります。

例えば、

  • 商談の際に提示される金額が本当に妥当なものなのか
  • 保証などの付帯するサービスに問題はないのか

など例を挙げればきりがないほどです。

とくに、売却と購入では気を付けるポイントも異なってくるため、普段から仕事として中古車の売買に関わっていない人にとっては難しいことも多いです

そのため、多くの人は少しでも安心のできる中古車売買のために、信頼のできる業者を選ぶことが大切になってくるのです。

中古車を取り扱っている業者は、増加の傾向にあります。

なぜなら、海外への輸出などで中古車に対する需要が高まっており、また日本産の中古車への信頼性も高いために人気があるからです。

したがって、中古車の売買自体に不慣れな企業が多く参入しているため、一般のユーザーとしては悪質な業者を選んでしまう可能性が高くなっているともいえます。

そこで、日本の中古車市場をけん引してきた企業として、今でも多くの人から利用されているのが「ガリバー」です。

ガリバーは日本の中古車市場における取引実績もトップクラスであり、黎明期から活動続けていることもあって東証一部に上場している大企業となりました。

そのため、社会的にも多くの人から監視されているため、相対的に企業に対する信頼性も高まっているといえます。

しかし、いくら信頼のおける企業であっても中古車という特性上、なにかしらのトラブルが発生してしまうこともあります。

事実、インターネット上ではガリバーに対する苦情も投稿されているため、利用を考えているユーザーにとっては悩みの種にもなっていると思います。

ただし、これらの苦情の実態を知ることで、自身が取引する際にはトラブルを避けること可能なのです。つまり、ユーザーが苦情とするポイントを確認することで、中古車売買において自身でもリスク回避を行うという考え方です。

今回は、ガリバーで苦情になりやすいポイントを確認し、どのように気を付けるべきかを紹介したいと思います。

ガリバーの苦情は多い?少ない?

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?

そもそも、ガリバーは中古車市場においても信頼のおける企業のため、利用を考えているユーザーも多いと紹介してきました。

しかし、インターネットが発達した現在では多くの口コミや評判が投稿され、真意のわからいものも目立ちます。

ガリバーに対する苦情というものは本当に多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

結論から申し上げますと

ガリバーに寄せられる苦情は少ない

といえます。また、投稿されている苦情のなかには、ユーザー側の理解不足のためにトラブルへ発展してしまったケースも多く目立ちます。

そこで、購入と売却のシチュエーション別に、苦情に発展しやすい事柄を確認していきたいと思います。

参考記事はこちら⇒ガリバーは苦情とクレームが多い?中古車売買と苦情を解説!

ガリバーで購入の際に起こる苦情トラブル

ガリバーで購入の際に起こる苦情トラブルって?

ガリバーで中古車を購入する際に起こりやすいトラブルに、費用面を巡るものがあります。

とくに、費用面に関しては他社と比較しても高額な部分もあり、どのような要因で価格が高くなっているのかを理解していないと苦情を言ってしまうこともあります。

まずは、ガリバーの費用に関するトラブルからみていきましょう。

なぜ費用は高額になる?

ガリバーの中古車を購入するときに多くの人が、他社と比較して高額になる費用に疑問を抱くと思います。

たしかに、店舗で店頭表示価格を確かめたり、事前にインターネットなどでも比較すると費用が高くなりやすい傾向にあるといえます。

では、なぜ費用が高額になりやすいのでしょうか?そこには、ガリバーの取り組みが関係しています。

ガリバーの中古車は評判悪い?買うのはやめた方がいい?

徹底的な点検と整備

ガリバーの中古車は店頭に並ぶ際に、完璧な状態にまで仕上げてから並べられます。

つまり、店頭に並べられるまでに徹底的な点検と整備が行われているのです。

一般的な中古車販売店の場合、店頭に並べる際には表示価格を気にします。店頭表示価格が安ければ多くの人を惹きつけることができるため、来店者数を伸ばすことができるのです。

しかし、そのためには店頭に並べる際には最低限しか整備をしていません。つまり、整備の際に部品の交換などを多くしてしまうと店頭表示価格に反映されてしまうため、工程を省略し商談の際に追加で修理や整備の必要性を説明するという流れです。

このような方法は中古車販売において一般的ではありますが、ユーザーにとっては非常に分かりづらいものとなっています。

そのため、ガリバーでは事前に点検と整備を完璧にすることでユーザーへ安心感を供与しています。そのため、価格へと費用が反映されてしまうために高額に感じてしまうのです。

外装や内装もきれいに

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?

ガリバーの販売されている中古車の多くで、徹底的な整備と点検が行われることを確認してきました。

もちろん、この徹底さはパーツだけでなく外装や内装にまで及んでいます。

たとえば、車内清掃におけるクリーニング作業においても、ガリバーではシートやパーツを外しながら作業を行っています。

これにより、一見するとわからない汚れや臭いの原因まで取り除くことができるため、新車同然の見た目になります。

外装も塗装に問題がある場合はやり直し、しっかりと新車同然の状態にまで戻してから店頭に並べています。

これらの作業も行われているため、費用としては高額になりやすいのです。

参考記事はこちら⇒ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバーで売却の際に起こる苦情トラブル

売却の際に起こるトラブルとしては、保証に関する苦情が多いです。

とくに売却というのは、思い入れのある車を手放すということになるために非常に慎重になる傾向にあります。

そのため、思わぬ見落としや思い込みが苦情やトラブルに発展しやすいのです。

したがって、事前にトラブルへと発展するケースを確認しておくことも大切となります。

クレームガード保証に関する苦情

ガリバーで売却の際に起こる苦情トラブル

ガリバーで中古車を売却する際に論点となりやすいものに、クレームガード保証と呼ばれるものがあります。

この「クレームガード保証」とは、ユーザーが売却した車両によって生じた損益のために、損害賠償請求を行われた際に備えた保証です。

つまり、自身が売却した中古車に新たな瑕疵が発見されると、中古車としての価値が落ちてしまいます。そうなると最初に見込んでいた利益がでなくなるため、売却したユーザー側へ損害賠償請求を行うということです。

しかし、一般的には瑕疵担保責任がユーザー側へ認められ損害賠償請求へ発展するケースはほぼないため、保証の必要性について議論になるのです。

保証はいる?いらない?

このクレームガード保証ですが、万が一に備えた保証となっています。そのため、安心感を求める人は加入するべきであります。

しかし、少しでも発生する費用を抑えたい人は商談の際に相談し、加入の有無を決めるとよいでしょう。

ガリバーさんは苦情やクレームに対してどう対応している

ガリバーで苦情に発展してしまうケースは?まとめ

ガリバーで苦情に発展してしまうケースは?まとめ

今回は、ガリバーでの中古車売買において苦情へ発展してしまうケースを確認し、気を付けるべきポイントを確認してきました。

とくに、購入と売却の両方で気を付けるべきポイントが異なります。

購入の際は費用に関するトラブル、売却の際は保証に関するトラブルと争点が変わってくる点にも注意が必要です。

しかし、どちらも共通していえることは「商談の際に疑問点をすべて解消しておく」ということの大切さです。

とくに、スタッフに遠慮してしまって疑問点を抱えたまま商談を終えると、納車後や売却後に疑問が苦情へと変わってしまうケースも少なくありません。

そのため、少しでも疑問に思ったり引っ掛かりがある部分は、事前に解消しておくことが大切です。

ぜひ、今回のポイントを確認して、トラブルのない取引きをガリバーで行ってみてはいいかがでしょうか。

【他にもガリバーの記事を書いているのでお読みください。】

ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

ガリバーは苦情とクレームが多い?中古車売買と苦情を解説!

ガリバーにはクレームの口コミが多い?クレームと実情を解説

-ガリバーの評判

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.