ガリバーの評判

ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

更新日:

中古車を購入する際に多くの人が心配するのは、大きなトラブルの発生についてです。

一般的に中古車の購入というのは大きな金額が動くために、一度トラブルに発展してしまうと早期の解決が難しいと言われています。

そのため、中古車を購入するときには多くの人がトラブルの少ない販売店で購入したいと考えています。

そんななか、トラブルが少ないと言われている中古車販売店の1つが「ガリバー」です。

ガリバーといえば、日本における中古車売買実績でもトップクラスに位置しており、東証一部上場企業としても有名なために知名度も高い企業です。

そこで、インターネット上で口コミや評判を確認してみると、大きなトラブルに発展したというケースが少ないです。

今回は、トラブルが少ないと言われているガリバーは、本当にトラブルが起こりにくいのか?ということを中心に解説していきたいと思います。

ガリバーの購入トラブルが起こりにくいシステム

ガリバーの購入トラブルが起こりにくいシステム

トラブルが少ないと言われている「ガリバー」ですが、本当にトラブルは少ないのでしょうか?

結論から申し上げますと

ガリバーでは中古車の売買トラブルが少ない

といえます。

なぜなら、ガリバーは独自のトラブルが起こりにくいシステムを構築しているからです。

では、そのトラブルが起こらないようにするための取り組みをみていきます。

ガリバー購入トラブルを防ぐ仕組み①:厳選された販売車

ガリバーの購入トラブルが起こりにくいシステムって?

一般的に中古車に抱くイメージというと、安い代わりにそこそこの性能というものが多いのではないでしょうか。

たしかに、中古車は新車と比較した際に故障やトラブルのリスクが高いといえます。

なぜなら、

  • 前オーナーがどのような乗り方をしていたか
  • 日常的なメンテナンスの有無はどうか
  • 修復歴の詐称

などが考えられるからです。

とくに修復歴を詐称している中古車を購入してしまった場合は、乗り出した後に重要パーツの修理などで高額の修理代が必要となってくるケースも多々あります。

しかし、なかには良心的なオーナーが乗っていた中古車も存在し、そういった場合は状態の良いものを安く買えるためお得といえます。

では、どうすれば良質な中古車のみを探すことができるのでしょうか?

その1つに、信頼のおける販売店を探すことがあります。販売店のなかでもトラブルが少ないとされているのが「ガリバー」です。

ガリバーでは、販売している全ての中古車が一定の基準を満たしたものになっています。

つまり、そもそもコンディションの悪いものを販売していないのです。

ガリバー購入トラブルを防ぐ仕組み②:修復歴も明記

ガリバー購入トラブルを防ぐ仕組み

中古車で気になる点として、多くの人が挙げるものに修復歴があります

修復歴とは車両にどのような修理を施してきたかの履歴のことですが、必ずしもこれは申告しなければならないという決まりはありません。

そのため、小さな修理や査定に響きそうなものは自己申告しないユーザーも一定数います

もちろん、中古車を買い取る際は査定でじっくりと車両の状態を確かめますが、なかにはしばらく走らないとわからない不具合もあったりするため、確実とはいえません

万が一、なにかしらの不具合が見つかった場合は、多くの中古車販売店で修理をせずに店頭に並べることが多いです。

なぜなら、店頭価格を安く表示できるために、お客さんを呼び込みやすいのです。そして、購入の際に修理の必要性を知らせるというシステムになっています。

しかし、ガリバーではユーザーに安心感のある中古車購入を行ってもらいたいために、店頭に並べているすべての中古車で修復歴の有無と適正価格を表示しています。

このため、ガリバーでは中古車本体に関するトラブルが起こりにくくなっています

参考記事はこちら⇒ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

ガリバー購入トラブルでも安心の長期保証

ガリバーでは販売している中古車の車種や状態にもよりますが、最長で10年間の長期保証が用意されています

一般的な中古車では故障やトラブルのリスクが高いため、保証は1カ月や3カ月といった短期のものが多いです。

しかし、ガリバーでは中古車も安心して長く乗ってほしいというポリシーにより、中古車では異例の長期保証を導入しています。

ガリバーは購入トラブルが少なめ?検討者の不安項目から検討

長期保証には多くの条件も

中古車では異例の長期保証ですが、それを適用させるための条件もいくつか設けられています

まず、輸入車の場合は最長でも5年間となっています。最長10年間が適用されるのは国産車のみとなります。

また、購入する中古車の条件、年式や走行距離などに応じて適用することのできる保証が変わってくることもあります。

そのため、すべての中古車で一律10年間の保証というわけではありませんが、他社の保証と比べたときに長く安心して乗れるような保証であることは変わりありません。

乗り出し後も気をつけたいポイント

ガリバー購入トラブルを防ぐ仕組みは?

長期保証を付けて納車が終わった後にも、いくつか気をつけたいポイントがあります。

車検をガリバーの提携工場で継続的に通す必要がある

長期保証を利用したいユーザーのなかには、知人の工場に車検は頼んでいるという人もいるかもしれません。また、格安車検を利用しているという人もいると思いますが、ガリバーの長期保証に加入している間に別の車検を通した場合は、そこで長期保証が適用されなくなります。

つまり、ガリバーの長期保証を満期で適用させるためには、車検を継続的に提携工場で通さなければなりません。

免責金がある

加入から1年目は保証の適用範囲内であれば、基本的に手出しでお金を払う必要がありません。

しかし、2年目以降は車種や契約している内容によって変動してきますが、免責事項に則って最低1万円の免責金が必要となってきます。

この2つのポイントは事前に知っておかないと、後にトラブルに発展しやすい項目のためチェックしておきましょう

ガリバー購入トラブルが少ない理由:頼もしい担当制

ガリバー購入トラブルが少ない理由って?

ガリバーが他社と異なる点で秀でている点としては、対応してくれるスタッフが担当制になっていることです。

つまり、店舗に足を運ぶたびに担当してくれるスタッフが代わって、不便な思いをすることが少ないということです。

とくに、商談中には購入する中古車の話だけでなく、中古車を購入しようと思った背景や希望条件などを念入りにヒアリングしてくれるため、明確な条件などが定まっていない人でも安心して中古車を購入することができます

だまされた?ガリバーの中古車購入のトラブルを調べてみた

購入前からアフターフォローまで

担当制の強みは、商談から納車後まで一貫して1人のスタッフに対応してもらえる点です。

つまり、なにかトラブルや疑問が発生したときに、スタッフが異なると応対が異なる場合があります。

しかし、最初から最後まで1人のスタッフが担当してくれるために、もしもの場面で頼りになります。こういった点で、トラブルが起こりにくい仕組みが構築されているのです。

参考記事はこちら⇒ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーは購入トラブルが少ない?まとめ

ガリバーは購入トラブルが少ない?まとめ

今回は、ガリバーは購入トラブルが少ない?という疑問を中心に解説してきました。

中古車特有のトラブルや故障リスクに対して、コンディションが整っている車両のみを扱うことでリスク回避しており、修復歴等もすべて開示することで安心感も提供してくれています。

とくに、購入後に最大10年間もの長期保証が適用される点は、他社にないサービスの1つなので非常に評価できる点でもあります。

また、システムだけでなくスタッフが担当制という点においても、トラブルが起こりにくい仕組みになっています。

商談中から購入後まで一貫して対応してもらえるため、トラブルや疑問があった場合でも迅速に解決することできます。

このように、購入トラブルを少なくするためのシステムが整っているのは、ガリバー特有の魅力といえます。

ぜひ、中古車の購入を考えている人は、ガリバーを利用してみてはいかがでしょうか。

【他にもガリバーの記事を書いているのでお読みください。】

ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーは苦情とクレームが多い?中古車売買と苦情を解説!

ガリバーにはクレームの口コミが多い?クレームと実情を解説

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

-ガリバーの評判

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.