ガリバーの評判

ガリバーにはクレームの口コミが多い?クレームと実情を解説

更新日:

中古車の売買を考えるときに多くの人は、評判や噂を参考にすることがあります。

とくに、知人や友人の体験談だけではなく、インターネット上に投稿されている口コミなどをメインに考えてしまうため、どうしても実情と乖離した投稿も参考にしてしまいがちです。

口コミや評判などは誰がどのような目的で投稿しているか分からず、信憑性も高くはありません。

しかし、中古車の売買というものは非常にリスクがある買い物ともいえるため、少しでも信頼のおける中古車販売店を探したいという気持ちは多くの人のなかにあると思います。

もっとも確実なのは、周りの友人や知人に話を聞いて直接足を運ぶことです。

やはり、信頼のおける人物から聞いた話は信憑性が高いため、実情と乖離していることは少ないです。また、それらの評判を参考にして直接足を運ぶことができたなら、情報を比較して検討することも可能です。

ただ、時間が無かったり周りに利用している知人がいない場合などは、どうしてもインターネット上の評判に頼らざるを得ません。

そこで、今回はガリバーの口コミや評判に関して「本当にクレームが多いのか?」ということを中心に、実情と比較して解説していきたいと思います。

ガリバーへのクレームの口コミは多くない

ガリバーへのクレームの口コミは多くない

信頼のおける中古車販売店の1つである「ガリバー」ですが、インターネット上の評判や口コミにはクレームのようなものも散見されます。

とくに、どこまでが本当のことなのか、わからず困っている人も多いと思います。

結論から申し上げますと

クレームのような口コミや評判の多くは、ユーザー側の理解で解決できる

といえます。

つまり、投稿されている口コミや評判の多くは、利用しているユーザー側のチェックや認識が及ばなかったりしたことで、クレームに発展してしまったケースが多いと言えるのです。

では、具体的に1つ1つ見ていきたいと思います。

ガリバーで売却時のクレーム

ガリバーで売却時のクレーム

ガリバーで愛車を売ろうと考えている人の多くは、他社よりも高く買い取ってもらえるという期待をもっていると思います。

事実、ガリバーの査定というのは他社と異なり、いいとこ探しの査定を心掛けているため価格が上がりやすいのです。

たとえば、一般的な査定の場合は年式や車種、走行距離などのコンディションを総合的に判断して、査定額を提示することが多いです。

しかし、ガリバーの場合は商談に入る前に、徹底的なヒアリングが行われます

愛車の利用頻度や思い入れ、日常的な手入れの仕方など、どのような乗り方を普段していたかを参考にしてくれるのです。

この際に、しっかりと日常的にこまめなケアがなされていたり、しっかりと点検・整備を受けながら大切乗られてきたということが分かればプラス査定の要因となるのです。

逆に、普段から乱暴な乗り方をしていたり、点検や整備を怠っていた場合はマイナス要因となるので気をつけてください。

ガリバーは苦情が多い?その理由とガリバーの対応を解説します

ガリバークレーム事例:査定に必要なものを持参していない

このように徹底的なヒアリングを行ったうえで車両本体の査定に入るのですが、この際に必要な持参物がない場合はプラス査定とならない場合があるのです。

そのプラス査定の要因となる持参物が

  • 整備手帳
  • 取り扱い説明書
  • スペアキー
  • 取り外した純正品

などです。

整備手帳というのは、車検や修理の際に整備士が内容を記帳するためのものです。

これがあると、過去にどのような車検や整備を受けてきたのかがわかるために、修復歴などの判断材料になるなど便利です。

また、次に購入するユーザーも整備手帳が残っている車というのは、しっかりと日常的に点検や整備を受けていた車というように判断するので、整備手帳があるとプラス査定となるのです。

また、意外と無くしやすいのが取り扱い説明書です。とくに、ダッシュボードにいれているケースが多いのですが、荷物をいれるために出したまま紛失したというケースも少なくありません。

また、スペアキーも持っているのなら持参する方がよいです。

なぜなら、スペアキーというものは純正品の場合、作成するのにある程度の費用が発生してしまうからです。そのため、売却時に純正品のスペアキーがあるということで、コストが発生しない分だけプラス査定となるのです。

次に、もっともクレームやトラブルに繋がりやすいのが、純正品以外のパーツを愛車に取り付けている場合です。

とくに査定の際に、社外品のパーツを取り外す必要はないのですが、純正品のパーツを持参する必要があります。

中古車市場では、新車に近いコンディションのものが高値がつきやすいです。そのため、どうしても社外品のパーツが取り付けてある場合は、価格が下がってしまうために純正品のパーツに付け替える必要があります。

その際に、純正品のパーツを持参していればプラス査定となるのですが、これを忘れていたり紛失していると、マイナス査定となってしまいクレームへと繋がるケースが多いのです。

関連記事はこちら⇒ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

ガリバーで購入時のクレーム

ガリバーのクレームは多い?実情を解説

売却時にクレームへと繋がりやすい要因をチェックしてきましたが、購入の際にもクレームへと発展してしまうようなケースが存在します。

その1つが長期保証の存在です

一般的に中古車というものは潜在的なリスクが高いために、保証というものを企業側が付けたがりません。しかし、ガリバーは中古車でも長く乗り続けてほしいという思いから、最長10年間の保証を用意しているのです。

ただし、この長期保証の適用範囲や条件などが細かく設定されているため、どうしても勘違いからクレームへと発展してしまうことがあります。

関連記事はこちら⇒ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバークレーム事例:保証には条件と免責事項がある

ガリバークレーム事例:保証には条件と免責事項がある

そもそもガリバーの長期保証は一律で適用されるものではありません

国産車の場合は最長で10年間、輸入車の場合は最長で5年間というように適用範囲が決まっていますが、購入する車の状態や年式、走行距離などで1年~10年の間で決定されます。

また、長期保証自体は諸費用に計上されているため、商談の際に契約する内容によってはそもそも1年間の保証しか付与されない場合もあるのです。

そのため、長期保証の際に10年間適用されると思いこんだまま契約してしまうと、納車後にトラブルが起きてから気付くというケースもあるために、しっかりと契約の段階で確認しておく必要があります

保証を継続させるには

さらに、長期保証は一度入ってしまえば適用され続けるものではありません

ここにもクレームへと繋がりやすい条件があり、ガリバーの提携工場で車検を必ず通す必要があるというものです。

つまり、知人や格安車検を利用していたユーザーにとっては、以前と同じような車検の通し方をしてしまった段階で長期保証が適用されなくなるのです。

したがって、長期保証を適用させ続けたいのならば、ガリバーの提携工場で車検を通す必要があります。

また、修理の際も1年目は負担金がいりませんが、2年目以降は免責事項に則り、免責金が請求される点についても契約の段階で確認しておく必要があります。

ガリバーは最悪?中古車販売の口コミは本当なのか調べてみた

ガリバーはクレームの口コミが多い?まとめ

ガリバーはクレームの口コミが多い?まとめ

今回は、ガリバーにはクレームの口コミが多い?という疑問に関して、実情と比較して紹介してきました

とくに、ガリバーへ寄せられているクレームの口コミの多くは、ユーザー側の理解が足りないために起こってしまったケースが多く見受けられました

とくに、売却の際にプラス査定となる持参物を用意しておくことや、購入の際には長期保証などの細かい約款にまで目を通す必要があるということを、心にとどめておくだけでトラブルは回避することができます。

とくに、ガリバーはユーザー目線のサービスを第一としているので、疑問に思ったことはすべて質問して解決することが大切となってきます。

ぜひ、今回の内容を参考にして、ガリバーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【他にもガリバーの記事を書いているのでお読みください。】

ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

ガリバーは苦情とクレームが多い?中古車売買と苦情を解説!

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

-ガリバーの評判

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.