ガリバーの評判

ガリバーは苦情とクレームが多い?中古車売買と苦情を解説!

更新日:

車を買い換えようと考えている人の多くは、新車のほかに中古車の購入も視野に入れて検討しています

新車を購入するメリットとしては、新しい機能が搭載されているのはもちろん、手厚い保障が挙げられます。

しかし、それらの恩恵を受けるためには高い料金を払う必要があります。つまり、コストパフォーマンスとしては普通といえるでしょう。

そこで多くの人はコストパフォーマンスが高いとされる、中古車の購入を検討しています。

ただし、中古車特有のリスクが潜んでいることもあり、慎重に選ばなくては損をしてしまう可能性もあるのです。

では、どのようにしてリスクが低く、コストパフォーマンスの高い中古車を探し出せばよいのでしょうか?

その1つとして、信頼がおけて評価の高い中古車専門店を選ぶという方法があります。

そのなかでも、日本における中古車売買の実績が高い企業に「ガリバー」があります

そこで、ガリバーの評判をインターネット上で調べてみると、高評価が多い一方で苦情やクレームもいくつかあります。

そこで、ガリバーの中古車売買に関する苦情やクレームを解説していきたいと思います。

ガリバーは苦情よりも高評価

ガリバーは苦情よりも高評価

中古車売買で実績のあるガリバーは、インターネット上でも高評価が目立ちます

しかし、なかには苦情やクレームの投稿もあるために、これからの利用を検討しているユーザーにとっては不安材料だと思います。

しかし、結論から申し上げますと

ガリバーに寄せられている苦情は少なく、ユーザーで防げるものが多い

といえます。

では、なぜユーザーで防げるものが多いといえるのか、ガリバーの取り組みと合わせて紹介していきます。

買取りへの苦情

ガリバーは買取り実績も高いために、多くのユーザーが愛車を売却しています。

そのなかでも、トラブルの原因となりやすいのが

  • 査定
  • 保証

の2つについてです。

そもそも、ガリバーの中古車売買ではユーザーに対して専任の担当者が付くシステムになっています。

そのため、査定に関しては専門の知識を有した査定人が行います。

しかし、なかには査定の金額についてトラブルに発展するケースもあるようです。

たとえば、車体のコンディション自体は悪くないが、社外品以外のパーツで多く手を加えている場合などがあります。

車体のコンディションが良い場合は、買取りの際にもプラス査定になります。しかし、市場価値があるのは新車に近い状態の中古車です。

そのため、どうしても社外品の多い車の場合は、純正に近い車体よりも査定額が下がってしまう傾向にあるのです。

もちろん、純正品のパーツを取ってある場合は、それを査定の際に申告等すると査定額に反映されます。

つまり、査定の際に発生してしまう金額の相違は、査定項目を把握することで回避することができます

参考記事はこちら⇒ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

【ガリバー中古車の評判】車を買取に出す時によくあるトラブル4つ

ガリバーは査定のコツも掲載

ガリバーは苦情が多い?

ガリバーではユーザー目線のサービスに力を入れており、少しでも良い査定ができるように多くの取り組みを行っています

たとえば、ガリバーは公式ホームページでプラス査定のコツや手順などを公開しています。

とくに、査定に臨むときに必要な準備なども分かりやすくまとめられており、中古車の売却が初めての方でも安心して取引きが行えるようになっています。

また、査定のコツも掲載しており、どのようなポイントがプラス査定として反映されるかも記載されています。

とくに、いいとこ探しの査定を標榜しているため、公式ホームページで呼びかけている留意点に配慮し、自身で愛車への思い入れを話すことができれば査定にはプラスとして反映されます。

つまり、前述したような査定の際に発生する苦情やトラブルは、事前にユーザー自身が公式ホームページなどで査定のポイント等を把握することで回避することができるのです。

クレームガード保証への苦情

ガリバーは苦情とクレームが多い?

買取りの際に発生する苦情として最も多いものに「クレームガード保証」へのクレームが挙げられます。

クレームガード保証とは、愛車を買い取ってもらった後に損害賠償請求をされたときのために備えた保証のことです。

一般的に広く認知されていないのですが、愛車を売却する際にも損害賠償請求のリスクが潜んでいます。

具体的に解説すると、買い取ってもらった愛車の多くは中古車オークションへ出品されます。

その際に、オークション専属の査定人が出品される車両をチェックするのですが、買取りの時点でわからなかった欠陥が判明する場合があります。

このとき、買取り時点では欠陥がないと査定しているため、どうしてもオークションでは買取り額よりも売却額の方が低いという事態が発生してしまいます。

この場合、売却の際に欠陥が判明しなかったということで瑕疵担保責任を求め、損害賠償請求を行う場合があります。

もちろん、このようなトラブルはレアケースですが、万が一という事態もあり得ます。

そのため、ガリバーではクレームガード保証を用意することで、万が一の事態に備えているのです。

ガリバーのクレームガード保証は必要?メリット・デメリット紹介

クレームガード保証は必要?不必要?

瑕疵担保責任が認められ、損害賠償請求が行われるケースは非常に稀です。

そのため、クレームガード保証に加入していても適用される場合が少ないため、多くのユーザーにとっては加入そのものが必要ないと考える人もいます。

たしかに、クレームガード保証に加入すると料金が発生してしまうため、保証自体を使う機会がほとんどない場合は加入しない方がお金が浮きます。

しかし、この保証を設けているのは、あくまでもユーザーへ安心感を供与するためです。万が一の事態に備えて加入することで、使う機会が少なくてもスムーズな買取りが行えるのです。

したがって、クレームガード保証に関する苦情の多くは、商談の際にスタッフへと必要性を相談することが大切となってきます。

中古車購入の際に起こるトラブル

中古車購入の際に起こるトラブル

ガリバーで中古車を購入する際に寄せられる苦情のなかでも、とくに多いのが長期保証に関連したものです。

一般的には長期保証が用意されていない中古車ですが、ガリバーでは最長10年間の長期保証を用意しています。

そのため、多くの人が長期保証を利用するのですが、いくつかの条件が設けられています。

たとえば、長期保証を継続するためにはガリバーの関連工場で、毎回車検を通す必要性があります。また、1年目は保証適用範囲ならば基本的に無料で修理を受けることができます。

しかし、2年目以降は免責事項に則り、最低でも1万円以上の免責金が発生してしまいます。

こういった、長期保証の継続条件に関してトラブルとなるケースが多いです。

ただし、これらの保証に関するトラブルの多くは、商談の際にしっかりと確認をしておけば問題ありません

そのため、苦情に発展する前にスタッフと話し、疑問点などをすべて解消しておけば心配いらないと言えます。

参考記事はこちら⇒ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

ガリバーは苦情とクレームが多い?まとめ

ガリバーは苦情とクレームが多い?

今回は、ガリバーの中古車売買に伴う、苦情やクレームについて解説してきました。

とくに、売買両方に関していえることとして、しっかりと事前の確認や疑問の解消を徹底することで苦情へ発展しないということです。

つまり、事前の確認やスタッフへ十分に質問を行うことができれば、ガリバーは非常に信頼のおける中古車売買業者といえます。

もし、中古車売買をガリバーで行おうと検討している人がいるならば、しっかりと事前の確認や商談中に疑問を解消することに重点をおいてみると、トラブルへと発展することは少ないです。

ぜひ、これを読んでいる人もガリバーでの中古車売買を検討してみてはいかがでしょうか。

【他にもガリバーの記事を書いているのでお読みください。】

ガリバーの中古車購入は高い?少しでも安く買うコツを紹介

ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

ガリバーにはクレームの口コミが多い?クレームと実情を解説

ガリバーで苦情に発展してしまうケースって?中古車売買を紹介

-ガリバーの評判

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.