ブログ

冬は燃費が下がるハイブリッド

更新日:

ハイブリッドは冬が苦手です。燃費がリッター2~3kmほど下がってしまいます。

この原因として考えられるのは、

  • エアコンを多用するためにバッテリー消費量が増え、それを補うためにエンジンがかかってしまうこと
  • エンジンを始動したときの暖機運転が暑い夏に比べて寒い冬は長くなってしまうこと

などが考えらえます。

暖機運転中にみるみる瞬間燃費平均が下がっていきます。

これは見ていてあまり気分の良いものではありません。

特に、札幌のように冬が長いエリアは辛いところです。

SAIのJC08モード燃費は21,2km/Lとなっていますが、実際には夏は18~19km/L、冬は14~16km/Lが平均です。

1年をトータルすると17.4km/Lが実際的な平均燃費となっています。

ただ市内を抜けて、郊外を走ると燃費はぐんと良くなり、リッター20kmを超え、リッター22kmくらいまでは伸びていきます。

これ以上は性能上無理のようですが、2400ccのエンジンを搭載し、1.6tという車両重量を考えると大変満足しています。

一抹の不安は今後のバッテリーの寿命です。どんなバッテリーでも徐々に性能は落ちていきます。

携帯電話のバッテリーの場合でも長く使い続けるとすぐに切れてしまうようになります。

それと同じように新車から7年以上が経過している中古のSAIのバッテリーも徐々に切れやすくなっていき、燃費性能ダウンは避けられないだろうと予想しています。

 

-ブログ

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.