ブログ

初めての流氷見学その2

更新日:

紋別に到着したころにはあたりはすっかり暗くなっていましたが、周囲には何もなく閑散とした町というのが第一印象でした。

レストランも見つけることができなかったので仕方がなくコンビニ弁当で夕飯を買いこみ、ホテルにチェックイン。

流氷を見るぞというワクワク感よりも、何となく心細くなってしまいました。

翌朝、ホテルからクルマで10分くらいのところにある流氷ツアーを実施している流氷砕氷船乗り場に向かいました。

港につくと、かなりの人がすでに行列を作っており、だんだんテンションも上がってきました。

船内は暖房が利いて暖かくて良かったのですが流氷が見えにくいので甲板に出てみると、想像以上の寒さでした。

防寒対策はしっかりしてきましたが、それでも肌を刺すような寒さでした。

流氷が流れ着くくらいですから、寒くて当たり前です。ただお天気は快晴で、よく流氷を見渡すことができたのは幸いでした。

流氷は何度も船が通ったことによって粉々に粉砕され、氷というよりもシャーベット状になっていました。

わたしはもっと岩のような氷の塊を期待していたので少し拍子抜けしてしまいましたが、それでも他では見ることのできない光景は感動的で、脳裏にしっかりと焼き付けることができました。

-ブログ

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.