クルマのあれこれ

何が必要?初めて車を購入するときのノウハウを紹介

投稿日:

車の購入というものは、人生において何度も経験するものではありません。

それだけに、初めて車を購入するときは何から始めたらよいのかさえ分からないという人も多いと思います。

たとえば、初めて車を購入するときは比較的年齢も若く、運転経験も浅いなどの理由から中古車を視野に入れて検討する場合も多々あります。

また、新車と中古車の両方に共通するのが煩雑な手続きです。

どのような手続きをしなければいけないのか、準備や費用などについても心配なことも多くあると思います。

とくに、新車と中古車の購入では手続きに差異がでてくる場合もあり、自分自身で手続きを行わなければならない部分もでてきます。

さらに、車の購入につきものなのが保険への加入です。

新しく自身の名義で購入する場合は、自賠責保険の他に任意保険への加入も検討しなければなりません

今回は、そういった初めて車を購入する際のノウハウをまとめて紹介していきたいと思います。

初めての車選び

初めて車を購入するときのコツを紹介

車を購入したいと思ったとき、手続きを心配する前に自身が購入するべき車を探さなければなりません

もちろん、車が好きな人にとっては非常に楽しい時間でもありますが、詳しくない人にとっては自分に合う車を探すだけでも苦労してしまいます。

そんなときは、自分のライフスタイルと予算の二つを考えながら、車種やメーカーを絞っていくとミスマッチを減らすことができます

たとえば、車を使うのは通勤がメインという人には軽自動車やコンパクトカーが最適ですが、予算が多く余暇に遠くへ行くという人はSUVやセダンも視野に入れる必要があります。

また、結婚をしていて子供がいるという家庭では、ミニバンやステーションワゴンが適しています。まだ、子供が小さく遠くへは行かないという過程には、トールワゴンも視野にいれてみるとよいです。

このように、実際に自分がメインで使用する環境と予算の両方を照らし合わせ、そのうえで好きなデザインの車に決めるという方法がオススメです。

購入費用には注意

ここで気を付けておきたいのが、予算の考え方についてです。

たとえば、新しく買う車はキャッシュで一括にするか頭金のみを支払い、残りは分割で支払うのか方法はいくつも思い浮かぶと思います。

しかし、重要なのは店頭に表示してある価格は車両本体価格であることが多く、すべてを含めた金額ではありません

そのため、店頭で300万円と書かれているから予算は300万円だけで大丈夫という訳にはいかないのです。

基本的な購入費用の内訳として、車両本体価格+オプション+諸費用の3つが挙げられます。

車の購入において手続きなどに発生する費用はまとめて諸費用と呼ぶことが多く、税金や保険料、リサイクル費用、販売費用、預かり法定費用などが詳細となります。

ただし、中古車の場合は諸費用やオプションは変動してくるため、スタッフなどに内訳を尋ねておくことが大切です。

維持費も計算しておく

購入費用が分かったところで、それを足した金額分を予算として用意しておけば大丈夫なのでしょうか?

実は、維持費も多く発生してくるため、基本的には予算の一部を残しておくことが賢明な判断といえます。

とくに初めて車を購入する場合は、任意保険への加入や駐車場代、自動車税について概算で見積もりをしておきましょう

また、日常的にガソリン代やオイルなどの交換費用も一定の間隔で必要となるため、自分で計算しづらい場合はスタッフへランニングコストについて質問しておいてもよいでしょう。

実際に車を見に行く

初めて車を購入するときの選び方

予算や欲しい車種も決まったら、いよいよ店頭へと足を運び商談へと入らなければなりません

まずは、欲しい車種を置いている店舗へ足を運びましょう。

このとき購入を検討しているとスタッフへ伝えるだけで多くのセールスを行ってもらえますが、しっかりと欲しい車種と予算を伝えなければいけません

そして、もっとも大事なのが試乗をしてみることです。

外から眺めているだけでは分からない乗り心地や走行性能を確かめるいい機会でもありますし、通勤や遠距離へのドライブに使いたい人はシートや居住性能についても確認しておかなければなりません。

もし、試乗を行っている店舗がない場合はスタッフへと尋ねてみると、定期的に開催されている試乗会の案内を行ってくれる場合もあります。

商談のコツ

試乗も終わり購入する車種が決まった場合、いよいよ商談へとはいります。

このとき最も決めかねるのが、オプションや支払い方法についてです。

まず、購入したい車種の色や追加装備などのオプションを付けるべきかと迷いますが、基本的には公式ディーラーでしか取付けられないものは追加しておくとよいです。

なぜなら、後から追加する場合よりも購入の段階で追加しておく方が、一回の工賃で済んでしまうからです。そのため、後に購入して取り付けると決めているものに関しては、なるべく購入の段階でオプションとして追加しておくことをオススメします。

また、支払方法について一般的には”一括払い、分割、残クレ”の3つが用意されていることが多いです。

一括払いと分割払いについては特記することもありませんが、分割払いの手数料や頭金の有無については確認しておく必要があります

そして、近年人気のある方法が残クレと呼ばれている”残価設定型クレジット”という支払方法です。

これは通常のローンよりも月々の負担額を減らすために、3年または5年後の下取り価格を除いた金額を支払うというものです。

一方で名義はディーラー名となり、個人での所有という形にはなりませんがレンタカーのような”わナンバー”ではなく通常のナンバープレートが交付されます。

ただし、金利等の関係から銀行ローンなどを組んだ方が支払総額が安い場合もあるため、事前にローンを比較しておくとよいでしょう。

納車の手続き

支払い手続きも済んだら、いよいよ車に乗って帰れると思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一般的に車の在庫は店頭に準備されておらず、オプションを付けない場合でも納車には順番待ちがあるため一定の期間が必要です。

その間に行う手続きとして、車庫証明や委任状、印鑑証明書などの準備があります。

車庫証明とは”自動車保管場所証明書”のことであり、自身の車を保管する場所があるということを証明するための書類です。

基本的には自分の敷地内であっても、車庫証明を取らなければ車を購入することができません。

また、購入に必要となってくる煩雑な手続きを店舗が代行するための委任状も書かなければなりません。さらに、実印による契約書へのサインが必要なため、印鑑証明書を取得していない場合は市役所などで登録手続きを行う必要があります

これらの手続きがすべて終了すると、納車となります。

まとめ

今回は、初めて車を購入するときの手順やノウハウについて紹介してきました。

とくに、車選びから契約までは意外と時間がかかるものなので、車が必要な時期から逆算して半年前くらいには準備をし始めると余裕のあるスケジュールとなります。

手続きや契約に関しては煩雑な部分も多く、分からない部分は素直にスタッフへと確認を取ることが重要となります。

また、納車後も定期的なメンテナンスが必要となってくるため、納車された後のことまで考えて購入することが一番良い買い物の仕方といえます。

初めて車を購入する際は、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

-クルマのあれこれ

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.