中古車アドバイス

新古車とはどういう車?中古車との違いや特徴を紹介

投稿日:

新古車とはどういう車?

車探しでは少しでも安い車を見つけたいために、中古車情報誌やネットで調べることが多いと思いますが、その中で「新古車」という文字を見つけることはありませんか?

そもそも新古車とは何でしょうか?新しいけど古い…なんだかよくわかりませんよね。

そこで、中古車情報誌などに載っている新古車について、

  • 新古車とは
  • 新古車のメリット・デメリット
  • 選ぶ時のポイント

などといった情報をご紹介しますので、車選びの候補としてご参考ください!

関連)【新車購入VS中古車購入】元プロが語る!メリットとデメリット

新古車とは未使用の中古車

新古車とは、登録しナンバーを取得してからすぐに売り出された車のことを言います。そのため、距離もほとんど走っておらず、新車とほとんど変わりません。

実のところ、正式には一度でもナンバーが付いたら「中古車」の分類に入るため、「新古車」という言い方は少々違ってくるかもしれません。しかし、新車に近い状態が目立つため、あえて新古車と呼ばれるのではないでしょうか?

なぜ新古車が売られるのか?

新古車の意味はわかりましたが、そもそもなぜ新古車が生まれるのでしょうか?

本来新車として納品予定だったものの、傷や初期不良などの不備が見つかってその車がお客さんのところに納品されなくなり、販売店が買取って新古車として売り出したというケースがあります。

また、注文されていたものの、直前になってキャンセルになり売れ残ってしまったという理由もあります。

しかし、上記のケースは稀であり、新古車が出てくる原因として一番多いのが、ディーラーが販売実績を作るために登録したケースとなります。

ディーラーはメーカーと「年間何台売る」と契約しており、ノルマを達成できなければ仕入れ値が高くなったりするため、今後の売上に大きく影響します。そのため、ノルマを達成できそうにないディーラーは一度お店が車を買ってナンバー登録を済ませ、自社の売上としてカウントします。

お店はいつまでもその車を置いておくわけにはいきませんので、新車価格よりも安い値段で売り出されます。

新古車は軽自動車の方が多い

ちなみに新古車は軽自動車の方が多くなっています。軽自動車であれば車庫証明がなくてもナンバーを所得することができます。

また、軽自動車税であれば4月1日時点での所有者に課税されるため、4月2日以降に新車購入すればその年の軽自動車税はよく年まで支払わなくても良くなります。そのため、税金を払う前に中古車として売ってしまえば税金の支払いはしなくても構いません。

さらに、現在は軽自動車の方が人気があるため、値崩れしにくい点も大きな理由となるでしょう。

「未使用車」との違い

新古車のことを「未使用車」とも呼ばれることがありますが、どっちも同じ意味となります。

新古車の方が古くから呼ばれておりましたが、ユーザーが新車と間違える恐れがあるという理由で、商法上で呼ばれなくなりました。

そのため、現代では、

  • 登録未使用車
  • 届出済未使用車
  • 未使用車

などと呼ばれることが一般的となりました。

新古車を探す方法

新古車は常に人気があるため、すぐに売れてしまうことが多いでしょう。そのため、以下の方法で自分の気に入った車を見つけておく必要があります。

  • 中古車販売店に行く
  • ネットの中古車情報サイトで探す

通常の中古車探しと方法は変わりませんが、常にチェックする必要があります。

中古車販売店に行く

中古車販売店やディーラーでは新古車が販売されていることがあります。新古車といえど、完全な新車ではありませんので、購入前は現車を確認する必要があります。

また、販売店に並んでいる車しか購入できないため、選ぶことはほとんどできません。そのため、新古車が欲しいものの、欲しい車種までは決まっていない人におすすめする購入方法でしょう。

関連記事:
ガリバーは最悪という口コミ?ガリバーさんの応対品質を調査!

ネットの中古車情報サイトで探す

最近はネットで全国の中古車販売店情報を調べることができるようになりました。中古車情報サイトで新古車を検索するには、走行距離の上限を一番小さくし、年式は最新のものを選択しましょう。

また、全国の車が欲しい人が24時間いつでもアクセスできるため、欲しい車が見つかっても先に買われてしまう可能性も少なくありません。

そのため、欲しい車が見つかれば、できるだけ早くお店に問い合わせることが重要です。

新古車を選ぶメリット

新古車のメリットは価格が安い以外にも次の3つが考えられます。

  • 新車同様に綺麗
  • 次の車検までが長い
  • 納車も早い

新車同様に綺麗

新古車は使用目的で購入したわけではありませんので、新車同様に綺麗な状態となります。シートなんてビニールが付いたままの車も存在するほど外装・内装共に綺麗です。

次の車検までが長い

中古車で購入した車であれば、どんなに車検までの期間が長くても最長2年ですが、新古車だと3年近く車検期間が付いていることもあります。

基本的に新古車が売りに出されるのは登録から2~3ヶ月以内であるため、車検期間はたくさん残されているでしょう。

納車も早い

新車であれば、契約してから納車されるまで早くても2~3週間程度かかります。また、最近では人気車種やグレードによっては注文してからメーカーで作られるバックオーダー形式が多く、数ヶ月待ちとなる場合があります。さらに、中古車も同様に点検や車検に通す時間が必要のため、2~3週間の期間が必要です。

一方新古車であれば車検取得や整備も済ませているため、条件が良ければ1週間以内に納車されることもあります。

新古車を選ぶ時に注意したいデメリット

新古車は新車と違って中古車であるため、何と言っても価格が安いことがメリットですが、反対に知っておかないといけないデメリットも存在します。

主なデメリットは、

  1. 在庫から選ぶため、カラーやオプションが選べられない
  2. 人気の車はすぐに売り切れる

となります。

まず、新古車はカラーやグレード、オプションはお店が買うときに選んだものとなるため、自分好みの車を選ぶことができません。

また、当然中古車販売店に在庫として存在しなければ購入することができないため、人気車の場合すぐに売り切れてしまうでしょう。

そのため、日頃から新古車の情報をチェックし、欲しい車が出てこれば迷わず購入するほどスピーディに選ばなければいけません。

新車と新古車、中古車どれを選ぶ方がいいの?

新車と新古車、または中古車どれが良いのか?と思うかもしれません。もちろん判断基準は人によって様々ですが、一つの判断基準として、新古車の価格が新車価格と比べて10~15万円以上安いのであれば新古車を選ぶ方がいいでしょう。

中古車と比べるのは、状態や価格が違いすぎるため一概には言えません。自分の予算や希望で検討しましょう。

関連)意外と少ない?新車と比べた中古車のデメリットはどんなこと?

まとめ

新古車は、ディーラーが販売台数を確保するために新車を購入したものであることがほとんどのため、状態もよく価格が安いのが大きな特徴となります。

また、購入時に必要な手続きや整備はほとんど終わっているため、購入後1週間以内に乗ることも可能ですので、すぐに車が必要な人にとってもありがたい存在ですね。

しかし、在庫として残っているグレードの車しか選べられないため、自分の好みがはっきりしている人にだとお気に入りの車が見つからないこともあります。

そのため、常日頃から新古車情報を把握し、お気に入りの車が見つかればすぐに問い合わせることが重要です。

新車や中古車、新古車とそれぞれメリットが違うため、自分が最も重視している条件の車を購入することが大事ですね!

関連記事:
【ガリバー中古車の評判】車を買取に出す時によくあるトラブル4つ

-中古車アドバイス

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.