ブログ

札幌市の花「ライラック」

更新日:

5月になると、札幌市の花であるライラックが一斉に花を咲かせます。白や紫の小さな花が一塊となって咲くその様は実に美しいものです。大通り公園ではライラック祭りが行われ、たくさんのライラックが咲き乱れます。屋台もたくさん並んで賑やかです。

 

札幌市の花「ライラック」の写真

 

大通り公園よりももっとたくさんのライラックを楽しむことができるのが川下公園です。1か所に集中的にライラックの木が植えられており、その数に圧倒されます。今年もよく晴れ渡った日曜日の朝に、妻と2人で川下公園のライラック祭りに出かけました。

 

「ライラック」はきれい!

 

川下公園まではクルマで30分ほどのところにあります。普段はあまり行くことがないのですが、到着してみると小さなお子さんを連れた家族連れも多く見られました。そして、小一時間ほどゆっくりとライラックを楽しむことができました。

このライラックの木は1890年にアメリカ人のサラ・クララ・スミスさんが日本に持ってきたのが始まりと言われています。彼女は女子教育に熱心だった方で、小さな塾から初めて現在の北星学園を立ち上げた方です。戦時中ライラックは敵国の花ということで次々に抜き取られていったと言われています。しかし戦後、残ったわずかなライラックから再び増え始め、現在に至ったとのことです。

-ブログ

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.