中古車アドバイス

輸送費は抑えられる?車を買う時の輸送費を徹底紹介

更新日:

近年はネットやフリーペーパーから全国の中古車販売店から車を探すことができるようになりました。

しかし、遠方から車を購入するとなると、輸送費が必要になります。

でも、

  • 輸送費がいくらかかるのか
  • 何日ぐらいかかるのか
  • 輸送にはどんな方法があるのか

といった疑問も多いのではないでしょうか?

そこで、遠方で車を買う時に必要な輸送費について、相場や日数、輸送費を安くする方法や気をつけるべきポイントをご紹介しますので、車探しをしている人はぜひご一読ください!

諸費用の中に入っている輸送費とは?

車を買う時の輸送費を徹底紹介!

そもそも輸送費とはどういうものなのでしょうか?

輸送費とは、納車などのために車を必要なところまで輸送したり、指定の場所まで運転して運ぶために必要な費用のことを言います。

あくまで車両を陸送するため「陸送費」とも呼ばれることもあります。

基本的に輸送費は納車費用の中に含まれており、運搬のコストなどは輸送費の中に全て含まれています。

ちなみに、

 

  • 輸送費・・・車の輸送・運搬にかかる費用のこと
  • 諸費用・・・車両整備・ガソリン代・登録費用など輸送費以外の費用のこと

 

となるため、当然近くの納車場所に自分で取りに行ったり、元々お店に置いてある車を購入する時は輸送費は掛かりません。

ガリバーで中古車購入がなぜ高いと言われている?価格を解説

基本的な輸送費の相場

輸送費の相場は販売店によって異なります。

利益をどこで取るかは販売店によって違いがあるのと、車両の大きさや重量によって料金体系を変えているお店もあるからです。

あくまで目安ですが、以下の金額が平均相場となっています。

 

  • 近隣圏(同じ都道府県もしくは隣の県で所要時間2~3時間)・・・1~2万円
  • 遠方(所要時間5~10時間)・・・3~10万円

 

近隣の県や同じ都道府県であれば1~2日くらいの期間で輸送することができるでしょう。

一方、間に2都道府県をまたぐ時は4~5日は掛かると見込んでおいたほうがいいでしょう。

あまりに遠方からの輸送となる場合は、途中で中継地点を挟む場合もあります。そのような場合は、積み替えの時間も掛かるため、さらに日数がかかることもあります。

輸送費も変動する

輸送費の方法は大きく3つの方法があり、輸送方法や経由地によって変動します。

 

  • 陸送専門の業者・・・大型のトレーラーで一気に運ぶ
  • レッカー業者・・・小型のレッカー車で1台をピンポイントで運ぶ
  • 販売店・・・お店の人が現地に行き実際に運転して運ぶ

 

輸送費が安くなる順に、

  1. 陸送専門の業者
  2. 販売店・レッカー業者

となります。

一度に多くの輸送ができたほうがコストを削減することができます。

ちなみに、販売店とレッカー業者の費用が同じなのはどちらも1台で走行するため、ガソリン代や、1人で運搬するという人件費についての条件が同じであるからです。

ただし、お店によってはどの輸送方法でも無料になるケースも存在します。

例えば大手の販売店では販売利益が多く見込めることや、大量輸送によってコスト自体を削減することができます。

また、同系列店から車両を引っ張ってくる場合や、あまりにも移動距離が近い場合は手間が掛からないため無料対応することもあります。

しかし、業者オークションや、規模が小さい販売店の場合はきっちり輸送費が取られると思っておいたほうがいいでしょう。

関連)どこで買えばいい?良い中古車販売店を見極めるポイント

自分で取りに行けば輸送費は0円にできる

輸送費が掛かるところで車を購入しても、自分で車を取りに行くことができれば輸送費を0円に抑えることができます。

ただし、取りに行った帰りに事故が発生した時にトラブルになるリスクがあるため、特に個人店舗では断られることもありますので、納車時は自分で取りに行くことができるかどうか確認する必要があります。

また、購入した車が他県ナンバーであれば購入者が仮ナンバーの申請や名義変更をしなければいけませんので手間が掛かります。

さらに、お店までの交通費のことを考えると輸送費の方が安くなるケースもあるため、自分で取りに行く時は交通費や時間を考慮してから判断しましょう。

輸送費を抑える方法

輸送費を0円にすることができなくても、方法次第で輸送費を抑えることができます。

それは、自宅ではなく、近くの車屋さんに納車してもらう方法です。

自宅に輸送してもらう場合は日時指定や条件などが厳しく、料金の相場が高めの傾向があります。

そこで、お店に納品してもらことにより営業時間内であればいつでも納品できるようになります。時間の縛りが無くなることで、日時指定分の料金を抑えることができます。

もちろん送り先のお店に確認する必要があり、繁忙期や営業方針によっては断られることもあるため、電話等で事前に問い合わせることを忘れずにしましょう。

輸送してもらう時に気をつける4つのポイント

輸送してもらうことが決まれば、どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

次の4つのポイントを押さえておきましょう。

 

  • 輸送される前に現地で車両を確認する
  • 見積もりの中に輸送費が含まれているか確認する
  • お店は信頼できるかどうか確認する
  • 輸送費はキャンセルしても発生する場合がほとんど

 

1.輸送される前に現地で車両を確認する

できれば輸送される前に現地に行き、車両の状態を確認する方が良いでしょう。

なぜなら、輸送する時に何らかの理由で車に傷がつく可能性もあるからです。

納車前の車の状態を把握していれば、納車後に傷を見つければ無償で修理してもらえる可能性が高いからです。

もし、後から気付いても証拠がなければ、輸送中に傷が付いたと言っても信用してもらえません。

そのため、多少面倒でも、時間があれば現車の写真を撮って証拠を残しておきましょう。

2.見積もりの中に輸送費が含まれているか確認する

インターネットで車を購入する時は、自分の所在地をお店に伝えてから見積もりを受け取りますが、その時の金額に輸送費が含まれているかや、その金額は総額であるか確認しましょう。

なぜなら、見積もりの確認をせず、納車時に改めて輸送費を請求されるリスクや、悪質な業者だと二重に輸送費を請求される可能性もあるからです。

3.お店は信頼できるかどうか確認する

見積もりの金額や、輸送費が自分の予算内に収まっていても、購入先のお店が本当に信頼できるかどうか確認する必要があります。

例えば「車の状態を詳しく知りたいから気になる部分の写真を送って欲しい」と言った時に、すぐに対応してくれる販売店であれば安心できるとも考えられます。

反対に、こちらの質問に対して返事が曖昧であったり、少しでもごまかされるように感じるのであれば、そのお店で購入するのはやめておきましょう。

4.輸送費はキャンセルしても発生する場合がほとんど

納車前であればキャンセルすることはできますが、契約後は運搬に向けて動き出しているため、キャンセルしても輸送料金を負担しなければいけません。

そのため、契約前に、輸送をキャンセルする時はいつまで可能かどうか確認しておきましょう。

まとめ

最近は全国で車を探すことができるようになりましたが、遠方で購入する時は時間も輸送費も掛かります。

しかし、お店によっては無料で運んでもらえるサービスがあることや、自分で取りに行くことで輸送費を抑えることができます。

また、輸送してもらう時には、輸送中に傷つけられたなんてことがないよう事前にチェックしたり、見積もり金額の輸送費は妥当であるかなどを確認する必要があります。

一見面倒に思うかもしれませんが、やっとの事で見つけたお気に入りの車を手に入れるために、今回ご紹介したポイントはしっかり押さえておきましょう!

-中古車アドバイス

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.