ブログ

阿寒湖アイヌコタン訪問

投稿日:

北海道に来てからアイヌの文化に触れる機会が時々あります。地名の多くにアイヌの言葉がそのまま使われていたり、お土産屋さんに行けばアイヌの木彫りの作品などが売られています。

その他にも道内にはいくつかのアイヌ村とでも呼ぶべきところがあり、その一つの「阿寒湖アイヌコタン」に行く機会がありました。釧路湿原に旅行に行った帰りにそば近くを通ったのですが、立ち寄る時間がなかったのでもう一度再チャレンジでした。

札幌から約300キロとかなり遠かったのですが日帰りです。8割は高速道路で、2割が下道です。ただ、下道もほとんど車が走っていないようなゆったりとした道路なので、かなりハイペースで飛ばすことができました。ところどころまだ雪が残っていましたが、道路のほうはまったく問題なしです。

すでにスタッドレスタイヤに履き替えている人も多いのですが、わたしは安全を考えていつもゴールデンウィークのころに履き替えるようにしています。そのため今回のロングドライブも安心して走ることができました。

阿寒湖アイヌコタンにはまだ雪がけっこう残っていました。やはり山の中と札幌市内は違いますね。施設自体はそれほど広くはないのですが、アイヌの雰囲気がたっぷりで、外国にでもやってきたような感じです。小さな置物を一つお土産に買って帰りましたが、観光客はあまりおらず、経営的には大丈夫なのかなと少し心配になってしまいました。

-ブログ

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.