中古車アドバイス

高級車を中古で購入する時に気をつけるポイント

投稿日:

最新システムが装備されていたり、排気量が大きくデザインも洗練されている高級車は手が届かない存在だと思っていませんか?

しかし、一度は乗ってみたいため、中古車であれば手に入れられるため、中古車の購入を検討する方も多いのではないでしょうか?

でも、「せっかく高級車を買うので失敗したくない」「どこに注意して選べば良いのかわからない」と言った人も多いはずです。

そこで、高級車を中古で買う時に気をつけるポイントや、中古車の特徴をご紹介します。

高級車を中古で購入するときに気をつける6つのポイント

高級車を中古でも購入していい?

高級車は前のユーザーが大切に乗っていた車は多く、ほとんどが良質な中古車であることが多いようです。しかし、中には調子が悪くなってきたから手放された車もあるため、しっかり確認してから購入しなければいけません。

基本的な確認項目は他の中古車と変わりありませんが、特に注意すべきポイントは以下の6つが考えられます。

  1. 内装・外装共に大きな修理が無いかチェックする
  2. 試乗をしっかりする
  3. 修復歴がある車は選ばない
  4. 保証がついている車を選ぶ
  5. 個人で手に入れる中古車は十分に調べる
  6. 税金や任意保険料が高くなるので注意

お気に入りの車が見つかっても、このポイントはしっかり抑えてから選ぶようにしましょう。

こちらの関連記事を読む ⇒ どこで買えばいい?良い中古車販売店を見極めるポイント

1.内装・外装共に大きな修理が無いかチェックする

高級車だけではなく、どの中古車にも言えることですが、自分の目で車の状態を確認する必要があります。

 

  • 見た目で違和感があるところはないか

 

  • 修理されていたり交換されているところはないか

 

 

といったことを車の内外で確認しましょう。

2.試乗をしっかりする

中古車の実態は定期点検記録簿を見ることで、その車の交換した部品や、走行距離を確認することができます。しかし、実際の車の状態は走ってみないとわかりません。

特に中古車の場合、不調がわかれば車を売却するという人も多いため、綺麗に展示されている車であってもどこかに不調がある可能性もあります。

そのため、エンジンの音や、ハンドルを離してもまっすぐ走るかなど、運転して違和感がないか確認しましょう。

3.修復歴がある車は選ばない

修復歴がある車は、車のフレーム部分に損傷を受けたため、交換や修理をした車となるため、いくら値段が安くてもやめておきましょう。見た目は綺麗に直しているものでも、骨格部分の修正ができておらず、まっすぐ走らないこともあります。

また、修復歴がある車は他の部分も損傷している可能性もあるため、その時何もなくても時間が経過するに連れ、他の部分も故障したりと影響を受ける可能性が大きいでしょう。

さらに、フレームはきちんと修理したものの、ブレーキディスクのローターが歪んでおり、ブレーキを踏むごとにガタガタと振動することもあります。これではせっかくの乗り心地が台無しになります。高級車なのにこれではあまりにも残念すぎますよね。

そのため、どんなに見た目が綺麗に直されている車でも、修復歴がある車は選ばないようにする方がいいでしょう。

4.保証がついている車を選ぶ

いくら高級車で品質がしっかりしている車であっても、中古車である以上必ずどこかが故障するリスクが潜んでいます。

車の不具合は走り出してしばらくしてから出てくることも多いです。万が一故障すれば、高級車である以上、高額な部品代がかかる可能性があります。

そのため、販売店での保証や、ディーラー保証がが付いている車を選ぶようにしましょう。

最近の大手中古車販売店であれば、5~10年と保証してくれるお店もあります。

保証が充実しているお店で買うとなると、中古車を専門に扱っている大手で買うことをおすすめします。

5.個人で手に入れる中古車は十分に調べる

販売店で購入せず、個人売買で車を手に入れるときは保証が無いため、何かあれば全て自分で対処しなければいけません。

そのため、購入する前に

 

  • その車がどのように使われていたか

 

  • きちんとメンテナンスされていたか

 

 

などを調べ、実車を入念にチェックし、購入後は自分でメンテナンスできるか判断することが大事です。

6.税金や任意保険料が高くなるので注意

高級車は排気量が大きく車重が重い車が多いため、「自動車税」や「自動車重量税」が高くなりがちになります。

また、高級車は窃盗の対象になりやすいことから、任意保険の車両料率が高めに設定されているため、任意保険料が高くなる仕組みとなっていますので注意が必要です。

コンパクトカーや中古車から乗り換えると、年間の維持費が数十万円高くなることもあるようですので、年間の維持費の計算は事前にシミュレーションしておくことをおすすめします。

ガリバーで中古車購入がなぜ高いと言われている?価格を解説

高級車を買うと他の車と違う3つの特徴がある

高級車を買うポイントを解説!

高級車は一般的な中古車と違い、以下のような特徴があります。

 

  • 高級車は部品代が高い

 

  • 一人のオーナーが長く乗っている可能性が高い
  • 品質が良く故障しにくいため、修理の心配は少なくて済む

 

 

1.高級車は部品代が高い

高級車は使用している部品のグレードも高いため、部品代が他の車と比べて高くなる傾向があります。

また、排気量が大きいため、燃費も決して良いとは言えなく、使用しているオイルもエンジンの性能を守るためにワンランクグレードが高いものが使われていることがありますので、消耗品代も高くなることが多いでしょう。

そのため、高級車を買うときは万が一の部品代や消耗品代といった維持費の計算をしっかりしておく必要があります。

せっかく買ったものの、維持費が高くて泣く泣く手放す人も多いようです。

2.一人のオーナーが長く乗っている可能性が高い

高級車のオーナーは一台の車を長年所有していることが多く、手入れが行き届いている特徴がありますので、中古車を購入してからいきなり故障するリスクは他の車と比べて少ないでしょう。

しかし、中古車である以上、何らかの理由で車を手放す決断をしており、その車のどこかに不具合があるから手放された車も少なからず存在します。

そのため、なるべく点検記録がしっかり残っている車や、ワンオーナー車を選び、実車の状態を確認した上で購入しましょう。

こちらの関連記事を読む ⇒ 中古車購入の流れを納車の後まで全て解説

3.品質が良く故障しにくいため、修理の心配は少なくて済む

高級車はメーカーを代表する車種であるため、簡単には壊れないよう、製造段階でしっかり作り込まれていることが多いようです。中には採算度外視の手作りで作られている車もあるほどです。

高級車の多くはメーカーを代表する車となります。そのような車が簡単に壊れるとイメージダウンに繋がってしまうため、壊れにくいよう頑丈に作られていることが多いようですね。

そのため、故障すればその分修理代は高く付きますが、丁寧に乗っている車であれば頻繁に故障することはありませんので、購入後も小まめな点検や手入れをするだけで長持ちさせられることが多いようです。

まとめ

高級車と言えば、新車で買うと値段も高く、とてもじゃないけど手が出せない金額となっていますが、中古だと比較的手に入れやすい価格の車も少なくありません。

しかも、前のオーナーが丁寧にメンテナンスしていたり、ディーラーの手厚いサービスを受けていた可能性も高く、中古車であっても程度が良いものが多いため、中古車の購入を検討しているのであれば高級車を選択するのもありではないでしょうか?

しかし、中古車といえども決して安い買い物でないため、万が一不良品を選んで修理が多くなってしまったなんてことが無いよう、今回ご紹介したポイントを確認しながら選ぶことをおすすめします!

ガリバーの苦情と口コミを調べてみました!買うのはアリ?

-中古車アドバイス

Copyright© 愛車遍歴ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.